問題を解決できる

屋上へ上がる

nlpとは、神経言語プログラミングといい、ジョン・グリンダー(言語学者)とリチャード・バンドラーによって作られた学問です。(神経言語学的プログラミングとも言われます)nlpとは、人間の神経と言語の脳での意味付けで体験を記憶し、その記憶や体験が、行動にでる、という考えです。一見すると難しそうですが、具体的な例を出すとすれば、レモンや梅干しを食べたと想像すると、唾液がでてきます。これは梅干しやレモンがとてもすっぱいということを、脳が今までの体験で無意識に判断した、ということです。しかし注意する点があります。nlpは、効果を実証する証拠が不十分なため一般の社会科学などにはあまり重要視されていません。そのため、社会にもあまり広まっていないのが現状です。しかし、現在はストレス社会と言われており、東京の多くの会社ではnlpが導入されつつあります。

nlpとは、神経言語プログラミングとは言いますが、nlpとは、コミュニケーションにも使える技術です。コミュニケーションと言っても二人での会話から、無意識にする自分自身とのコミュニケーションもあります。東京にあるnlpスクールで知識を学べば、無意識に行っていたことを見直し、豊かなコミュニケーションをすることの助けになることができます。また、東京のnlpスクールでは不快な記憶(トラウマ)を思いだしにくくするという技法もあります。具体的には、自分が何を感じているのかということを、五感など分野別に検証し、分析します。例えば、そのとき、どこの方向から音が聞こえたか、どんな音だったか、匂いを感じたか、視覚的記憶はどのような色彩か、現在の体はどんな感覚か、などのようにです。その分析から、どう対応するかで、望ましい方向にコントロールしていきます。